遠藤メソッド式英会話速習プログラム【徹底解析】
遠藤メソッドって?

さて、

遠藤メソッド式英会話速習プログラム

は何がすごいのか?

なにが他と違うのか?

遠藤メソッド式英会話速習プログラムとは、一言で説明すると

発音の訓練法です。

『英語には日本語にない音が沢山あります。』
『さらには周波数も違います。』

遠藤尚雄先生が考案された

「8つの口の形」と「9つの舌の形」

を真似る事で、約54あると言われている英語の音素を
全て発音できるように設計されています。

遠藤メソッドは大きく3つのステップに分けられた学習法です。

1・英語の発音が正しくできるようになること。

そうするとネイティブが発音する英単語も聞き取れるようになります。

2・聞き取れた英単語の発音から、ネイティブがよく使う頻出頻度の高い8000語の意味が瞬時に頭に浮かぶようにすること。

それも単語の全ての意味が瞬時に浮かぶようにすること。

3・聞き取った英語を英文法の順序で意味がわかるようにすること。

この時の速度は毎分200単語、毎秒3.3単語です。

ここまでくれば、どのような英文をネイティブにしゃべられても意味がわかり、自分自身も毎分200単語の速さで英語がしゃべれるようになるのです。

英語で考え、記憶できる英語脳の完成です。

つまり

話せるようになれば聞こえるようになる。

これが遠藤メソッドのコンセプトです。


TOPに戻る